施設概要

施設の概要

名称 独立行政法人国立病院機構近畿中央呼吸器センター
所在地 〒591-8555 大阪府堺市北区長曽根町1180番地
交通機関 JR阪和線堺市駅下車、徒歩15分、
地下鉄御堂筋線新金岡駅下車、バスにて10分「黒土」下車、徒歩3分
南海電鉄高野線・JR阪和線、三国ケ丘駅下車、徒歩15分
環境  大阪市に隣接する堺市(人口83.2万人)の東部に位置し、金岡団地・泉北団地を有する地域にある。
堺市金岡公園・大阪管区警察学校・堺市立長尾中学校等の公園文教施設に囲まれ、東方には金剛生駒連山を望み、西方約4Kmには堺・泉北臨海工業地帯が広がっている。また、南方1Kmには世界一と言われる前方後円墳の仁徳天皇陵がある。
 

沿革

旧国立療養所大阪厚生園

昭和19.1.1 生命保険厚生会病院として大阪府泉南郡泉南町に創設
昭和20.12.1 日本医療団に移管
昭和22.4.1 厚生省に移管国立療養所大阪厚生園となる
昭和34.4.15 大阪府堺市旧米軍金岡キャンプ跡の現在地に移転
 

旧国立大阪療養所

昭和14.3.16 傷病軍人大阪療養所として大阪府貝塚市に創設
昭和20.12.1 厚生省に移管 国立大阪療養所となる

組織統合

昭和39.4.1 上記2施設が組織統合し、国立療養所近畿中央病院として発足。
旧大阪厚生園を本院、旧大阪療養所を貝塚分院として運営
昭和45.12.1 貝塚分院を廃院し、実質的統合が完了する。
平成13.10.1 臨床研究センターを開設

独立行政法人化

        
平成16.4.1 独立行政法人国立病院機構近畿中央胸部疾患センターとして発足
平成30.9.1 独立行政法人国立病院機構近畿中央呼吸器センターに名称変更
 

敷地・建物の状況

敷地面積 82,543.81m2
建物面積 建 17,549.05/延 36,005.73m2
(内訳)
庁 舎 建 16,013.93m2/延 31,355.07m2
旧 リハ学院 建 1,102.20m2/延 1,708.20m2
旧 看護学校 建 2,034.44m2/延 3,943.93m2
宿 舎 建 1,535.12m2/延 4,650.66m2
 

病床数等

医療法承認病床数 365床(一般325床、結核40床)
主な診療科 内科、呼吸器科、呼吸器外科、循環器科、心療内科、リハビリテーション科、
放射線科、麻酔科、感染症内科、腫瘍内科、緩和ケア内科、病理診断科
 

施設の位置づけ