非結核性抗酸菌症

非結核性抗酸菌(NTM)症とは

従来非定型抗酸菌(ATM)症と呼ばれていた病気です。
原因菌は結核菌と同じ抗酸菌の仲間で40種類程あり、まとめてNTM と呼ばれています。
日本では現在抗酸菌による病気の5 割が結核、残りの5 割がNTM 症となっています。
またNTM 症の80%はMAC(マック)症が、10%はkansasii(カンサシ)症が占めています。
主に肺に慢性の病気を作り、まれにリンパ節炎や全身感染症が生じる事もあります。
菌は結核の仲間ですが、結核とは全く別の病気と考えてください。。


主な症状

肺NTM 症では、咳・痰・血痰・発熱・食欲不振・体重減少・全身倦怠感などです。
これらの症状は結核と全く同じです。


感染源は?

NTM は土・ほこり・水などの自然環境に広く存在しており、だれでも肺の中に吸い込んでいると考えられています。
結核菌がヒトの体内でしか生存できず感染源が排菌陽性の患者に限られているのと違い、NTM 症の患者さんから菌が他人に感染する事はありません

 

どのような方がNTM 症になるのでしょうか

誰でも菌を吸い込んでいますが、病気になるヒトは極わずかです。
古い結核のあと、じん肺、肺気腫、気管支拡張など肺の中になんらかの傷あとがあるヒトが発病しやすいと考えられています。
最近肺の中に特に傷あとのない中年以降の女性に発症する肺マック症が増加していますが、その理由は不明です。
肺カンザシ症は男性の喫煙者に圧倒的に多く、また粉塵吸入の職歴をもっている方が多いのも特徴です。
肺マック症の場合、特に過労や手術後など体の抵抗力が弱った時に症状が出現し診断される事があります。
軽症例では検診の胸部レントゲン異常を契機として発見される事もしばしばです。

 

結核と比べた場合の特徴は?

他人に感染させる恐れはないので、隔離のための入院は必要ありません。
また結核以上に経過がゆっくりしており、年単位でつきあっていく必要があります。
マック症の場合有効な薬剤はありますが結核と比べて効果が乏しく、完治できず慢性化する症例が多いのが特徴です。
しかし無治療でも進行しない例や軽快する例が少なからず存在しています。
カンザシ症の場合は結核よりやや劣るものの充分な薬剤効果が期待できます。

 

結核とどのように区別するのでしょうか

症状やレントゲンや血液検査では基本的に結核と区別できません。
痰などから菌を検出し、遺伝子を増幅するか、培地でふやした後に遺伝子を調べる事で区別します。
菌量が多い場合1 週間程度で区別できる事もありますが、通常は4 週から6 週間を要します。

 

どんな治療をするのでしょうか

カンザシ症の場合は結核と同様の薬物治療を1 年から1 年半実施します。
軽いマック症の場合、無理しない生活を心掛けるだけで薬剤を投与せずに経過観察することもあります。
マック症で症状が強いか進行が速い例では、薬物治療を1.5~2 年実施します。
用いる薬剤は結核の治療薬と同じものと一部一般の抗菌薬も用います。
薬剤効果が弱く空洞などが限局している場合、外科手術を併用する場合もあります。
先にも述べたとおりカンサシ症以外のNTM 症に対する薬剤効果は弱く、完治できないのが現状です。
慢性病として長く付き合う覚悟が大切です。

 

NTM 症になった場合日常生活での注意点を教えてください

先にも述べたように通常ヒトには感染しませんので、排菌していても安心してください。
先天的免疫不全の恐れがある生後3ヶ月までの新生児や、入院する必要があるほど重篤な病状の方との密接な接触は念のため避けてください。
薬剤効果が強いカンサシ症の場合、決められた期間確実に服薬すれば、特に注意点はありません。
薬剤効果が弱いそれ以外の菌種、特にマック症の場合、十分な栄養と安静をとることも重要です。
自分の最大限の活動量を10 とした場合7 位の生活を心がけてください。
禁煙、規則正しく食事、8 時間以上の睡眠、などを行う健康的な生活が大切なのは言うまでもないことです。
マック症の悪化は、引っ越し・大掃除・旅行・看病・孫の世話等で無理をした時に多いので注意してください。
NTM 症は軽症でも喀血・血痰が生じやすいのが特徴です。
多くは少量で自然軽快しますので、あわてずに主治医の指示に従って対処してください。
喀血の量により、経過観察、内服治療、点滴、入院、いずれかの方法をとります。