呼吸器外科

当院では年間約300例の全身麻酔下の胸部手術を行っています。肺癌をはじめとする悪性腫瘍に対する治療方針、手術適応、治療方針は呼吸器外科、呼吸器内科、放射線科による合同カンファレンスで検討しています。手術を安全に行うためには、麻酔科、手術室との連携が欠かせませんが、当院では術前検討会を麻酔科医、手術室スタッフ参加のもとに行っています。

主要疾患

肺がん

わが国で増加している肺がんに対しては、年間180例前後の手術を行っています。病期Iの早期の症例では、完全鏡視下手術を行っています。開胸手術の場合も機能障害や術後の痛みが少なくなるよう、筋肉をできるだけ切らない、胸筋温存下に開胸手術を行っています。進行した肺癌では、術前・術後の化学療法・放射線療法を組み合わせ、内科、放射線科と共同で治療を行っています。

参加している研究グループ

日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)、西日本がん研究機構(WJOG)、日本・多国間臨床試験機構(JMTO)、国立病院機構肺癌研究会など


縦隔腫瘍

胸腺腫や神経鞘腫などの縦隔腫瘍については、大きさや周囲への浸潤の浸潤の有無を評価し、胸腔鏡下の摘出術を行っています。進行した腫瘍の場合は開胸下に摘出術を行います。浸潤された周辺臓器の合併切除が必要な拡大切除術も行っています。


気胸など 

気腫性疾患で最も多いのは、自然気胸です。特別な基礎疾患のない若年者の気胸では入院期間ができるだけ短くなるように、緊急手術に準じた手術計画を立てています。肺気腫などの基礎疾患を有する高齢者の気胸でも内視鏡手術を行うことで低侵襲化に努め、80 才を越える超高齢者にも積極的に手術を行うと共に早期離床を図っています。

 

肺結核、アスペルギルス症など

薬物治療に抵抗する多剤耐性菌結核や非結核性抗酸菌症が最近再び増加しています。
また、結核後遺症の慢性膿胸や喀血、アスペルギルス症を主とする真菌症をはじめとする難治性の感染症に対しても積極的に外科治療を行っています。

 

診療実績

全身麻酔での手術数を以下に示します。

  2019年度
肺の良性腫瘍 1
肺の悪性腫瘍 183
(原発性肺がん)
(転移性肺腫瘍)
(174)
(9)
胸膜中皮腫
胸壁腫瘍 0
縦隔腫瘍 10
炎症性肺疾患 10
膿胸 7
気胸など 24
生検手術 39
(びまん性肺疾患の生検) (23)
その他 15
全身麻酔手術(総数) 291

スタッフ紹介

  学会認定・資格 専門分野 患者さまへ
尹 亨彦
院 長
外科系部長
麻酔科医長
呼吸器外科医長
日本外科学会外科専門医・指導医
日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医・指導医
日本胸部外科学会認定医
呼吸器外科全般
手術の内容、期待される効果と同様リスクも分りやすく説明するように努めています。
患者さんの選択を尊重すると同時に、必要に応じて専門家として適切なアドバイスができるようにも務めています。
藤原 綾子
外科医長
日本外科学会専門医
日本呼吸器外科学会専門医
日本呼吸器学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医
呼吸器外科全般 胸部の外科治療、特に肺がん治療を専門としています。
患者様一人一人にとって最適の治療を追求していきたいと考えています。
何でも気軽にご相談いただけたらと思います。
坂本 鉄基 日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医
日本外科学会外科専門医
呼吸器外科全般
患者さんが納得できるように、わかりやすい説明を心がけています。
小島 健介 日本外科学会外科専門医
日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医
呼吸器外科全般
 
八木 悠理子 日本外科学会外科専門医ECFMG Certificate
(米国医師資格)
呼吸器外科全般
丁寧な診療、わかりやすい説明を心がけます。治療中に疑問に思う事があれば
お気軽にお尋ねください。