肺がん研究部このページを印刷する - 肺がん研究部

2014年11月1日掲載

部門紹介


肺がん研究部長 安宅信二

研究内容

【高齢者肺癌に対する検討】
 我が国においては人口の高齢化が急速に進んでおり、高齢者肺癌が今後さらに増加することが予想される。
 当センターの特長として従来より高齢者に適した治療法の開発ため臨床試験を行っている。
 高齢者進行非小細胞肺癌に対してはカルボプラチン+ペメトレキセド併用療法に続くペメトレキセド維持療法を他施設との共同研究として臨床試験を行いその治療成績を報告している。8)
  また高齢者での切除不能III期非小細胞肺癌に対してはJCOG試験として放射線治療単独と化学放射線併用療法を比較する第Ⅲ相試験を行った。9)
 今後より高齢者に適した治療法の開発を検討するため試験(UMIN000005036)が進行中である。
 一般に高齢者でのがん治療は毒性が強く出現することが知られている。
 しかしながら高齢者は非常に個人差が大きいため、年齢だけでは標準的治療が可能か正確に予測することは困難である。
 このため高齢者における肺癌化学療法に対する脆弱性予測に関する多施設共同研究(UMIN000010384)を現在行っており、リスクに応じた高齢者評価法の確立を目指している。
 

【分子標的薬の至適投与量、耐性機序に対する検討】
 EGFRやALKに対するチロシンキナーゼ阻害剤が開発され、治療成績が飛躍的に進歩しているが、その多くは薬剤耐性となり効果が認められなくなる。
 また従来の抗がん剤とは異なった毒性が知られており、薬剤投与量の調整が必要な場合がある。
 現在、EGFR遺伝子変異陽性肺癌においてafatinib投与症例での薬物動態や耐性遺伝子の検討を行い、より有効で毒性の少ない治療法を開発する研究(UMIN000014181、UMIN000014065)を行っている。
 

【石綿暴露と血清HMGB1の検討】
 石綿(アスベスト)は中皮腫や肺がんの原因となることが知られているが、石綿暴露が明らかでない場合もある。
 High-Mobility Group Box 1(HMGB1)は非ヒストン核蛋白の主要成分として知られており、敗血症性ショックや様々な炎症性疾患での関与が報告されている。
 石綿により傷害を受けた中皮細胞から放出されたHMGB1がマクロファージに作用し、様々な炎症性サイトカインを誘導することによって中皮腫の原因になる可能性が報告されている。
 当センターでは石綿検診、中皮腫、肺癌を含め様々な肺疾患症例において血中HMGB1を測定しその意義を検討している。
 準治療の開発に取り組んでいる。
 また臨床検体を用いて薬剤耐性機序の解明や薬物動態の解析等の検討も行っている。

最近の研究業績(抜粋)

1. A case of large-cell neuroendocrine carcinoma harboring an EML4-ALK rearrangement with resistance to the ALK inhibitor crizotinib.Omachi N, Shimizu S, Kawaguchi T, Tezuka K, Kanazu M, Tamiya A, Asami K, Okishio K, Kitaichi M, Atagi S.
J Thorac Oncol. 2014;9:e40-2.
 

2. Phase III study comparing amrubicin plus cisplatin with irinotecan plus cisplatin in the treatment of extensive-disease small-cell lung cancer: JCOG 0509.
Satouchi M, Kotani Y, Shibata T, Ando M, Nakagawa K, Yamamoto N, Ichinose Y, Ohe Y, Nishio M, Hida T, Takeda K, Kimura T, Minato K, Yokoyama A, Atagi S, Fukuda H, Tamura T, Saijo N.
J Clin Oncol. 2014;32:1262-8.
 

3. A single-arm confirmatory study of amrubicin therapy in patients with refractory small-cell lung cancer: Japan Clinical Oncology Group Study (JCOG0901).
Murakami H, Yamamoto N, Shibata T, Takeda K, Ichinose Y, Ohe Y, Yamamoto N, Takeda Y, Kudoh S, Atagi S, Satouchi M, Kiura K, Nogami N, Endo M, Watanabe H, Tamura T.
Lung Cancer. 2014;84:67-72.
 

4. LUX-Lung 4: a phase II trial of afatinib in patients with advanced non-small-cell lung cancer who progressed during prior treatment with erlotinib, gefitinib, or both.
Katakami N, Atagi S, Goto K, Hida T, Horai T, Inoue A, Ichinose Y, Koboyashi K, Takeda K, Kiura K, Nishio K, Seki Y, Ebisawa R, Shahidi M, Yamamoto N.
J Clin Oncol. 2013;31:3335-41.
 

5. Nested case control study of proteomic biomarkers for interstitial lung disease in Japanese patients with non-small-cell lung cancer treated with erlotinib: a multicenter phase IV study (JO21661).
Atagi S, Katakami N, Yoshioka H, Fukuoka M, Kudoh S, Ogiwara A, Imai M, Ueda M, Matsui S.
Clin Lung Cancer. 2013;14:407-17.
 

6. Phase II study of triplet chemotherapy using Tegafur-Uracil, Vinorelbine, Gemcitabine for advanced non-small cell lung cancer.
Minomo S, Asami K, Okishio K, Kawaguchi T, Fujita Y, Takata S, Tamura A, Saitou R, Atagi S.
Anticancer Res. 2013;33:1163-7.
 

7. Efficacy and safety analysis according to histology for S-1 in combination with carboplatin as first-line chemotherapy in patients with advanced non-small-cell lung cancer: updated results of the West Japan Oncology Group LETS study.
Yoshioka H, Okamoto I, Morita S, Ando M, Takeda K, Seto T, Yamamoto N, Saka H, Atagi S, Hirashima T, Kudoh S, Satouchi M, Ikeda N, Iwamoto Y, Sawa T, Nakanishi Y, Nakagawa K.
Ann Oncol. 2013;24:1326-31.
 

8. Dose escalation study of carboplatin-pemetrexed followed by maintenance pemetrexed for elderly patients with advanced nonsquamous nonsmall-cell lung cancer.
Tamiya A, Tamiya M, Shiroyama T, Kanazu M, Hirooka A, Tsuji T, Morishita N, Asami K, Suzuki H, Okamoto N, Okishio K, Kawaguchi T, Hirashima T, Atagi S, Kawase I.
Ann Oncol. 2013;24:980-5.
 

9. Thoracic radiotherapy with or without daily low-dose carboplatin in elderly patients with non-small-cell lung cancer: a randomised, controlled, phase 3 trial by the Japan Clinical Oncology Group (JCOG0301).
Atagi S, Kawahara M, Yokoyama A, Okamoto H, Yamamoto N, Ohe Y, Sawa T, Ishikura S, Shibata T, Fukuda H, Saijo N, Tamura T; Japan Clinical Oncology Group Lung Cancer Study Group.
Lancet Oncol. 2012;13:671-8.
 

10. Induction chemotherapy followed by gefitinib and concurrent thoracic radiotherapy for unresectable locally advanced adenocarcinoma of the lung: a multicenter feasibility study (JCOG 0402).
Niho S, Ohe Y, Ishikura S, Atagi S, Yokoyama A, Ichinose Y, Okamoto H, Takeda K, Shibata T, Tamura T, Saijo N, Fukuoka M.
Ann Oncol. 2012;23:2253-8.
 

11. Phase I/II study of docetaxel and S-1 in patients with previously treated non-small cell lung cancer.
Atagi S, Kawahara M, Kusunoki Y, Takada M, Kawaguchi T, Okishio K, Kubo A, Uehira K, Yumine K, Tomizawa Y, Saito R, Fukai S, Komatsu H.
J Thorac Oncol. 2008;3:1012-7