睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome; SAS)とは,睡眠中に何度も呼吸が止まったり,浅くなったりして体の低酸素状態が発生する病気です.この病気の方は,
1)周囲の方からいびきを指摘される,
2)夜間の睡眠中によく目が覚める(息苦しくなって目覚めることもあります)
3)起床時の頭痛や体のだるい感じ
4)日中の眠気
などを経験します.

 

睡眠時無呼吸症候群の病態

睡眠時無呼吸症候群には,口や鼻から肺の入り口である声帯に至る空気の通り道が細くなるために発生する閉塞型,呼吸を調整する脳の働きが低下するために発生する中枢型,これら両方が関係する混合型に分けられますが,閉塞型が大部分を占めます.閉塞型の睡眠時無呼吸症候群の原因のひとつは肥満です.睡眠中には,のどの緊張が緩むため,正常の人でも空気の通り道が細くなりますが,呼吸が止まるまでには至りません.しかし,肥満の人では,のどへの脂肪沈着が増加するために空気の通りが悪くなるのです.

 

 

 

図A) 正常の状態では,呼吸をすると空気は鼻から気管へスムーズに流れる.
図B)睡眠時無呼吸症候群では,のどの緊張がゆるみ,舌の付け根(舌根)が下に落ち込んで,空気の通りがさまたげられ,無呼吸(呼吸が止まる)やいびき(断続的に空気が通る状態)となる.
図C)後に示す機械で圧をかける治療(CPAP 療法)を行うと,圧力で舌の付け根の落ち込みが防ぐことが出来るため,呼吸が止まらなくなります.肥満のない方でも,アゴの骨格(下顎骨が小さいなど)やのどの奥の形(扁桃腺や口蓋垂が大きいなど)によっては空気の通りが悪くなり易く,無呼吸の原因となります.また,飲酒や睡眠剤の内服は,のどの緊張を緩める作用があり,無呼吸を増加させる可能性があります.

 

検査について

1)日中の眠気の評価患者さんの日中の眠気を評価するために,ESS(エプワース眠気尺度)問診票が知られています.24 点満点で評価されますが,11 点以上で日中の眠気が強いと判断します(『エプワース睡眠尺度(ESS)問診票』も参照下さい).

 

2)睡眠障害の検査睡眠時無呼吸症候群の診断には,簡易検査(アプノモニター)と脳波を含めた精密検査(ポリソムノグラフィー;PSG)の2種類があります.簡易検査は外来でも出来ますが,精密検査には入院が必要です(『睡眠時無呼吸症候群のための入院検査を受けられる方へ』も参照下さい).睡眠の精密検査で,呼吸が止まったり,浅くなったりする回数(AHI)が1時間に5回以上に増加すると睡眠時無呼吸症候群と診断されます.一般的には,この回数が20 回以上に増えた場合に,鼻マスクによる持続陽圧呼吸療法の適応になると考えられています.この基準は,20 回以上の患者さんの寿命が,20 回未満の患者さんよりも短いことなどから決められており,睡眠呼吸障害研究会によるガイドラインにも記載されています.

 

3)口腔内のチェック病態の部分でも記載しましたが,耳鼻科的診察で,のどの奥や顎の形に異常がないか確認することも必要かもしれません.頭部CT やセファログラムという頭部レントゲン検査を行うことがあります.

 

4)合併症検査必要に応じて,睡眠時無呼吸症候群に合併するとされる,高血圧,高脂血症,糖尿病などの検査を行う必要があります.

 

 

危険性について

この病気のこわい所は,睡眠中の低酸素や日中の眠気などによるストレスのために,高血圧,脳卒中,心筋梗塞などの虚血性肺疾患の発生を増加させることです.糖尿病,高脂血症もしばしば合併します.これらの合併症により,突然死される患者さんもおられます.我が国の睡眠呼吸障害研究会の検討でも(2000 年)では,後に示すAHI が20 以上の患者さんでは,20 未満の患者さんに比較して,明らかに寿命が短いことが報告されています.さらに,昼間の眠気は様々な事故につながります.その為,この病気を正確に診断し,必要に応じて治療を行うことは重要です.