PSG(睡眠時ポリソムノグラフィー)

検査の内容と目的

この検査は、正確には終夜睡眠ポリグラフ検査(ポリソムノグラフィー;PSG)と言われるもので、睡眠時無呼吸症候群が疑われた際に、その診断のため、睡眠中の脳波、血液中の酸素の量、心電図、気管内の空気の流れ、眼やあごの筋肉の動き、胸部や腹部の動きなどを観察します。

検査の方法

検査のため、頭の皮膚、あご、胸部、指などに種々のテープや電極をつけさせていただきます。たくさんの電線が体につくことになりますので、動きにくくなりますが、決して痛みを伴う検査ではありませんので御安心下さい。
午後7 時頃から臨床検査技師が皆様のお部屋に睡眠検査の準備にお伺い致しますので、洗面をお済ませ下さい。トイレ歩行は出来ませんのでお部屋にポータブルトイレを設置させていただきます。睡眠薬はいびきを生じさせる原因のひとつとなりますが、眠って頂かなければ検査は出来ません。ですから、睡眠薬の内服の仕方については医師の指示にしたがって下さい.翌朝、6 時頃、お目覚めになられましたら、ナースコールでお知らせ下さい。お体の配線をはずさせて頂きます。

検査時の注意

ベッド上での電化製品の使用は脳波の記録の妨げになりますので電気アンカ、電気毛布などは御使用になれません。電動ベッドのコンセントもあらかじめ抜かせていただきます。
睡眠検査の機械には睡眠中の記録が保存されています。電源を消されますと、記録が抹消されてしまいますので、臨床検査技師が機械の回収にお伺いするまで決して電源を消したり、コンセントを抜いたりなさらないで下さい。

患者の自己決定権

*この検査の実施については、あなたに自己決定権があります。
*予定される検査を拒否した場合にも、今後の医療行為に関して不利益を受けることはありません。

セカンドオピニオンと質問の自由

他の医療機関でセカンドオピニオンを希望される場合は、必要な診療情報を速やかに提供いたします。内容に関してわからないこと,質問のある場合には担当医に自由に質問することができます