支持・緩和療法チームこのページを印刷する - 支持・緩和療法チーム

支持・緩和療法チームとは

当院の支持・緩和療法チームは緩和ケア診療加算を取得しており、年間約500件の豊富な診療実績(西日本、国立病院機構、大阪府がん拠点病院でトップクラス)があります。

このチームは、がん診療の経験豊富な呼吸器内科医、がん患者さま、ご家族のストレスを専門とする心療内科医、がんの痛みや呼吸困難等の全人的なケア、看護を専門とするがん性疼痛看護認定看護師、緩和ケア認定看護師、抗癌剤や鎮痛剤に詳しい薬剤師、がん患者さま、ご家族の心を支える公認心理師からなる多職種専門チームです。

一般病棟で肺がん等の患者さまとご家族を対象に、がんを疑い検査や診断をしていく早期の段階から患者さまの痛みなどの身体症状や不安、抑うつ等の精神症状に対して、入院・外来を問わず、主治医や看護師等と協力しながら診療活動をしています。
また、がんの不安や療養上の相談へ対応するがん看護外来を開設しています。詳細は外来やがん患者情報室にございます当チームのパンフレットをご参照ください。なお緩和ケア病棟については、別の項をご参照ください。
 
            緩和ケアチームの案内のリーフレット
 
パンフレット
写真

スタッフ紹介

  学会認定・資格 専門分野 患者様へ
所 昭宏
心療内科科長
支持・緩和療法チーム室長
日本心身医学会指導医・専門医・理事 心療内科
サイコオンコロジー
緩和医療
がんの診断・治療と並行して、その人らしく希望が持てる生活が送れるように多職種チーム医療で心身両面の苦痛、苦悩を緩和できるようにします。
日本心療内科学会登録医・評議員
日本医師会認定産業医
日本緩和医療学会理事、事務局長
日本サイコオンコロジー学会業務執行理事
がん医療コミュニケーションスキル認定
ファシリテーター
大阪府がん診療連携協議会
緩和ケア部会副部会長
大阪府がん対策推進委員会
緩和ケア推進部会委員
堺市がん診療ネットワーク協議会ACPワーキング委員長
関西医科大学臨床教授